2018年5月22日火曜日

鉄筆通信66 サンデースポーツが『闘争の倫理』を紹介

「サンデースポーツ」(5/20)放映後から反響続々!
『闘争の倫理 スポーツの本源を問う』(大西鐵之祐)――勝負の、闘争の只中で、一線を踏み越えない、ルールよりも上位のフェアな行動を選択できるように、日頃から鍛錬をする。フェアプレイの根本には、愛情がある。唯一無二のスポーツ哲学書。

「サンデースポーツ」のほかに、TBS「あさチャン!」でも『闘争の倫理』の紹介を検討中。生島淳(福井新聞5/15)、藤島大(東京新聞5/19)などでも『闘争の倫理』を取り上げて、日大アメフト事件が語られています。また、藤島大『人類のためだ。』、『知と熱ラグビー日本代表を創造した男・大西鐵之祐』は、大西鐵之祐の「闘争の倫理」への理解をより深める著述がなされています。

注文書はこちら→ 鉄筆通信66


2018年5月7日月曜日

「鉄筆通信」を更新しました。

「鉄筆通信」を更新しました。
●新潮文庫との相性バツグン。翼はいまも週に3冊売れています。
(積文館書店佐賀駅店から寄せられた販売レポートです)

●最新刊『一所懸命 ラグビーは教育だ!』(中村誠・久我山高校ラグビー部元監督)4月24日から発売開始。

「鉄筆通信」65