単行本



四六判ソフト
永遠の不服従のために
辺見庸アンソロジー
辺見庸
本体価格1800円(税別)
ISBN 978-4-907580-09-4
発売日 2016年6月23日


【内容紹介】
それは、とうに予感されていた。そして、それはついにやってきた――「抵抗三部作」(『永遠の不服従のために』『いま、抗暴のときに』『抵抗論』)のアンソロジーに加えて、書き下ろし序文「廃墟に不服従の隠れ処をさがせ」と「きっとこうなるであろうことが、やはり、そうなったことについて――あとがきにかえて」を収録。「これをこのままほうっておくと、やがてはこうなるであろう」と著者が予感したとおり「そうなってしまった」世界で如何に生きるか。独りで考え独りで行動する、「独考独航」のための選集。

【辺見庸】
1944年宮城県石巻市生まれ。早稲田大学文学部卒業。1970年共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを経て、1996年退社。1978年日本新聞協会賞、1991年『自動起床装置』(文藝春秋)で芥川賞、1994年『もの食う人びと』(共同通信社)で講談社ノンフィクション賞、2011年『詩文集 生首』(毎日新聞社)で中原中也賞、2012年『眼の海』(毎日新聞社)で高見順賞を受賞。近著は『青い花』(角川書店)、『いま語りえぬことのために――死刑と新しいファシズム』(毎日新聞社)、『霧の犬 a dog in the fog』(鉄筆)、『もう戦争がはじまっている』(河出書房新社)、『増補版1★9★3★7』(河出書房新社)など。





四六判ソフト
人類のためだ。 
ラグビーエッセー選集
藤島 大
本体価格1600円(税別)
ISBN 978-4-907580-04-9
発売日 2015年7月30日

【内容紹介】
本書は、ナンバー、ラグビーマガジン、日経、東京新聞、スズキスポーツHP、J‐sports HPなどで30年超執筆してきた著者のラグビーエッセーの集大成です。
第1章【夏】反戦とスポーツ

第2章【秋】ワールドカップの季節
第3章【冬】勝者と敗者の季節
第4章【春】出会いと別れの季節
第5章【鉄】東伏見から吹く風
あとがき ― そうだ。自由だ!

【藤島 大】
ふじしま だい 1951年東京都生まれ。都立秋川高校、早稲田大学でラグビー部に所属。卒業後はスポーツニッポン新聞を経て92年に独立。文筆業のかたわら都立国立高校、早稲田大学ラグビー部のコーチを務めた。2002年『知と熱 日本ラグビーの変革者・大西鐵之祐』(文藝春秋)でミズノスポーツライター賞を受賞。その他の著書に『ラグビー特別便』(スキージャーナル)、『スタジアムから喝采が聞こえる』(洋泉社)、『ラグビーの世紀』(洋泉社)、『スポーツ発熱地図』(ポプラ社)、『熱狂のアルカディア』(文藝春秋)、『キャンバスの匂い』(論創社)、『ラグビー大魂』(ベースボール・マガジン社)、『楕円の流儀』(論創社)、『ラグビーの情景』(ベースボール・マガジン社)がある。

【カバーデザイン&イラストレーション】
Kotaro Ishibashi
www.kotarock.com http://kotarock.com/works/index.html



四六判 文芸書
霧の犬 a dog in the fog
辺見庸
本体価格1800円(税別)
ISBN 978-4-907580-02-5
発売日 20141121

【内容紹介】
「わたしのなかの霧を、三本肢の犬があるいていた。……それはもうはじまっていた。」美しくも寂しく怖い、この世の果ての風景。
鉄筆社創立記念特別書き下ろし小説=表題作216枚ほか、傑作短篇「カラスアゲハ」(文學界掲載)、「アプザイレン」(文學界掲載)、「まんげつ」(書き下ろし)所収。震災、紛争、過去・現在・未来のありとある災厄が濃霧のように漂う「黙示小説」集。


【辺見庸】
へんみ よう 1944年宮城県石巻市生まれ。早稲田大学文学部卒業。1970年共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを経て、1996年退社。1978年日本新聞協会賞、1991年『自動起床装置』(文藝春秋)で芥川賞、1994年『もの食う人びと』(共同通信社)で講談社ノンフィクション賞、2011年『詩文集 生首』(毎日新聞社)で中原中也賞、2012年『眼の海』(毎日新聞社)で高見順賞を受賞。近著は『青い花』(角川書店)、『いま語りえぬことのために死刑と新しいファシズム』(毎日新聞社)、『霧の犬』(鉄筆)、『絶望という抵抗』(金曜日)